忍者ブログ
23 February

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

30 December

危うく改装するところでした。

性懲りもなく、またテンプレート配布サイトさまを巡ってしまいます。特にここ1週間。



でも、変えずにすんでいるのは、一つの理由からです。
気に入るテンプレートが、フレーム有だから。
フレームがなぜだめなの?というと、簡単に言えば、次の通りです。

・子ページが検索に引っかかったとき(コンテンツページやリンクページ)、サイトトップへ誘導しづらい
・メニューをコピーして張り付けるだけで、そんなに労力はいらない
・フレーム内で表示したいものであるメールフォームやブログを、当サイトの場合フレーム内に表示する必要がない(メールフォームはサイト設置型のため、ブログは更新通知の為の手段で、ブックマークしやすくしたいため)



さて、昔は「フレームが表示できないブラウザがある」という点から、フレームは避けるか、フレームなしのページも設けることが良いとされていましたが、今では別の点から、フレームは避けるべきであるといわれています。

それは、子ページが拾われることによって、利便性が悪くなること。SEO対策として、子ページも検索で拾われるようにしたい(小説やイラストの展示スペースなど)なら、子ページからでも分かりやすいサイト作りをしなければなりません。この点から考えたとき、どうしてもSEO的に不利になるそうです。

……個人的には、検索避けしたいサイトさまなら、フレームでも構わないってことなんだと思っています。イラストサイトさまは漫画などがおいていない限り、検索にイラストを引っかかるようにしようとはなさらないでしょうし、イラストサイトさまの場合、展示にはフレームを使った方が便利でしょうから。

本当にフレームを避けるべきなのは、オリジナルの小説サイト。漫画サイトさまは、また事情が違うかと思いますが、小説サイトに限っては利点がないと思います。
個人的なことですが、小説サイトさまで、フレームを使われている方を、あまり見たことがありません。インフレームなら見かけますが、普通のフレームはあまり見かけないなと思います。
結局、小説目次をフレームにしないでいただければ、サイト自体がフレームでも何でも構わないのですが。

拍手

PR